住宅の寿命を延ばすためにも東京の外壁塗装が重要な理由

SITEMAP

一軒家

Press Release

不愉快な建築業者

東京で築25年以上経つ我が家は外壁塗装を2回行っています。1回目の塗装は、家を建てたときの業者に頼みましたが、2度目は別の業者に依頼しました。その理由は、お風呂の修繕工事を頼んだ際に、ミスばかりで不愉快な思いをしたためです。何度も寸法を測りに来ていたにもかかわらず、設計ミスで発注した浴槽が入らないと言われ、予定よりも一週間以上時間を余分に要すると言われたのです。
ですが、うちには足の悪い祖母がいるので、銭湯へ連れて行ってあげることが出来ないため、その間ずっとお風呂に入ることが出来ないのです。それでは困るので、入る寸法の物を用意して、早く工事を終わらせて欲しいと頼んだところ、ならば追加料金がかかると言われました。失礼にも程があると思いましたが、早く進めて欲しかったため、渋々余分にお金を払いました。このような業者と付き合っていく必要は無いので、2度目の外壁塗装は別の東京の業者に頼みました。
塗装のための足場を組んだ時に、近所で別の東京の外壁塗装の工事をしていた1回目の東京の業者の人間がすっ飛んできて、2回目の塗装を依頼した業者の扱っている塗料は質が悪い。今からでも遅くないから、キャンセルしてうちに依頼して欲しいと頼んできたのです。その日は何とか追い返したのですが、その後何度も塗装しているところを見に来たりと、とても不愉快な気持ちになりました。

外壁塗装に使用される主な塗料の種類とは

現在では東京で外壁塗装に使用されている塗料には耐久年数の長い塗料や、遮熱効果といった付加価値を持った塗料など様々な種類の物が登場しています。それらの外壁塗装の種類ごとの特徴を説明したいと思います。現在東京で販売されている一般的な外壁塗装に使用されている塗料は大きく分けて「アクリル塗料」・「ウレタン塗料」・「シリコン塗料」・「フッ素塗料」の4種類に分けることが出来ます。
1・アクリル塗料
アクリル塗料の最大の特徴は価格の安さです。しかし、耐用年数が5年~8年程度と4種類の中では最も短く、ひび割れが起きやすいなど耐久性に欠けるというデメリットがあります。
2・ウレタン塗料
シリコン塗料が一般化するまではウレタン塗料が主要な塗料でした。現在でも色や種類が非常に多く、防水機能に優れていることから人気の塗料となっています。
3・シリコン塗料
現在 最も主要な塗料となっており、光沢が長持ちして色褪せしにくいという特徴があります。耐久年数は10年と塗料の平均よりも長く、価格とのバランスにも優れています。
4・フッ素塗料
フッ素塗料は一般的な塗料の中では耐久年数が20年と最も長持ちし、最も汚れが落ちやすい塗料となっています。しかし、価格は他の塗料と比較すると東京では高価となっています。

外壁塗装を行って行くことのメリット

外壁塗装は東京の業者を適切に選んでいく事が大変重要な事となるのです。東京の自分の好きな家に住んで快適な毎日を楽しんでいく事は多くの方にとっても大変重要な事となるのです。素敵な家に住む事で自分の夢を叶える事は多くの方にとっても大変重要な事となるのです。普段から自分の家で過ごす時間等を快適にする事でより多くの素敵な体験を楽しんでいく事が可能となるのです。
外壁塗装は多くの方にとって素敵な部屋で快適な毎日を過ごす為には大変重要な要因となるのです。自分の好きな部屋で過ごす時間をいかにして素敵なものとするかは普段から外壁等に十分な配慮を行って自分の部屋を作って行くことが重要な事となるのです。普段の自分の家を大切にしていく中で素敵な毎日を更に楽しんでいく外壁塗装はとても重要な事となるのです。
いかにして素敵な毎日をもっと素敵にしていけるかどうかを考える事でより素敵な毎日を楽しんでいく事が可能となるのです。普段から自分の為に快適な部屋や家を楽しんで行くことで素敵な家を自分で楽しんで行くことが可能となるのです。素敵な毎日を楽しんでいく事は部屋を快適にする事と大変大きな意味を持っているのです。
普段の自分らしい東京の生活の中でいかにして快適な毎日を楽しんでいく事を考えてみてはいかがでしょうか。

TOP